スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボカロ動画が米不足に見舞われている

最近、ブログの更新期間が伸びちゃってます。
前回からもう10日も経ってるのか・・・。
そろそろ動画の紹介記事も書きたいところ。





今回の記事のタイトルですが

こちらのマイリストに書いてある

『最近のボカロ動画って深刻な米不足に見舞われてますね。』

とう一文が気に入ってしまったので、勝手ながら使わせてもらいました。
たまとらさん、ごめんなさいです。そして、ありがとうございます。




他ジャンルのことは詳しくは分かりませんが、ボカロ楽曲動画は再生数やマイリス数のわりにはコメント数が少ないと思います(マイナーなものは特に)。
ただし、ランキングに載るような動画はこの限りではないです。

「コメント<マイリス」が珍しかったのはもはや昔の話で、今ではそれが当たり前のようにさえなっています。

どうして「黙ってマイリス」をする人が増えたのでしょう。




一つの理由として、「コメがたくさんつくことはマイナス」だと思う人が増えたからではないでしょうか。


ランキング上位の動画は、どうしても荒れがちですし、子供っぽいコメントも増えがちです。

それに比べてコメの少ない動画は「平和」な印象を受けることは確かでしょう。(自分は寂しいとも思いますが)


また、
コメが少ない=聴き入っている証拠・凄すぎてコメント忘れる
といって、コメントが少ないことは良作の証だと思っている人も多くなった気がします。


コメントが少ないことが、マイナスどころがプラスに受け取られるようになってしまったわけです。

動画上に視聴者のコメントを流せることが、ニコニコ動画の最大の特徴であるのにもかかわらず、このような風潮が広まったことは随分皮肉なことですね。





では、投稿者の方々はどう思っているのでしょう。


自分は観る(聴き)専なので、はっきりとは言えませんが、


ニコニコ動画に作品を投稿する理由というのは、

たくさんの人に観て(聴いて)もらえるから・ボカロ作品発表のメインの場だから、というのは勿論あると思いますが、

「コメント機能により、感想がダイレクトに返ってくる」
これもニコニコで作品を発表する大きな理由の一つなのではないでしょうか。

マイリスト数が増えるのは勿論嬉しいけどコメントなどの感想が欲しい、とこぼしている方を何人か見てきましたし、そう思っている作者は他にもいらっしゃるのではないでしょうか。


投稿者の人たちにとって、コメントが少ないことは良いこととは決して言えないと思います。





ランキング上位の動画に残念なコメントがつくのは、ユーザー数の増加と共に低年齢層が増えるので当たり前といえば当たり前なので、ある程度仕方がないことでしょう。

そういう人たちを「○○厨」などと批判している人も多いですが、それは他人を見下すことによって自己満足が得られるだけで何の解決にもならないと思います。

そのように残念な人たちを見下す人は、

そこまで残念なコメを批判するならば、そういうあなたが素晴らしいコメントをすれば良いのです。

ニコニコユーザーはバカばかりと言うなら、俺みたいなまともな奴もいるんだぞと知的なコメントをしてやれば良いのです。

自分より下の人たちを叩いて自己満足を得るのは、もう止めにしましょうよ。見苦しいです。




また、
ただ単にコメをつけるのが恥ずかしい・良い(面白い)コメントはできないからしない

という人たちは、無理に面白いコメ・知的なコメをする必要はないのですから、もっと気楽にコメントしましょうよ。

例えば、ボカロ楽曲の動画で、あなたが音楽の知識がまるでないとしても、その曲が好きならば何かしら感じることはあると思います。
それを素直にコメントすれば良いのではないでしょうか。

的外れなことを書いてしまうのではないかと恐れる気持ちも分かりますが、それではいつまで経ってもコメントすることは出来ません。

コメントしないということは、好きだという思いが伝わらないということです。

自分の思いを言葉にすることを繰り返せば、面白いコメントや感想をどんどん出来るようになっていくと思います。




あとは、自分のように新曲チェックしている方々。

観たい動画がたくさんあって時間が無いのはとてもよく分かりますが、自分の好きな動画にはぜひともコメントしていってほしいと思います。

投稿されて間もない頃に、その動画に面白いコメントがついてる・ついてないである程度その動画の伸びは変わると思います。
(例: 「この間奏良いね」といったコメが既にされていた場合、その間奏部分をたいていの人は聴くわけです。その部分が良ければ、その曲の評判が上がります。全部聴かないで動画を閉じてしまう人は多いので、ピンポイントを褒めるコメントはその曲を初めて聴く人にとって有益な情報となるのではないでしょうか。)




面白いコメントが出来る人に限って、コメントを控えてしまう傾向がある気がします。


ニコニコ動画のコメント機能のマイナスイメージを少しでも払拭しましょう!

作者の方々にもっと思いを直接伝えましょう!





・・・ただし、
逆に、有名動画のファン(信者)の人たちは思いを伝えすぎて作者の方々を辟易させてしまっています。

褒め過ぎるとろくなことがありません。


好きだという思いを伝えたい気持ちは十分に分かりますが、

「褒める時は節度を守って褒めすぎない」

ということを気をつけるべきではないか、と自分は思います。



コメントは多すぎても少なすぎても良くない。

何事もほどほどに、ということですね。
スポンサーサイト

はてなブックマーク

始めてみました。
ブックマークの整理と情報収集に使おうと思いまして。
ブログの左のTwitterのブログパーツの下に、リンク張っとます。



まあ、ツィッターで「はてブの雰囲気がなんとなく苦手」とか呟いてましたけど・・・。

何が苦手って言いますと・・・特に考察系の記事に付いているコメントがインテリぶってる感じが。
そういう面が自分にもあるから何となく嫌なんだと思います。同属嫌悪みたいな感じ。


あとは、ある記事に対しての集団での批判も苦手ですかね。

いや、批判は必要なんですけどね。勿論。

ただ、集団でかつ安全なところから批判・非難する癖が付いてしまいそうで。それが恐くて。




個人的に気を付けようと思っているのは「はてブでコメント書いて、それだけで満足しない」こと。


ブログの記事なら、はてブで意見を書くならその記事のコメント欄にも書く。

ニコニコ動画なら、はてブするならまずはマイリスするし、はてブで感想書くならまずはその動画にコメントするしマイリスにも感想を書く。

その記事や動画や作品が好きなら、その思いを少しでも伝えるべき、と考えてますので。

はてブに書くだけでは伝わらないことが多いだろうな、と思います。
(伝えたい相手がはてブユーザーなら別ですけど。)




VOCALOID作品中心にニコニコ動画関連のブクマばかりになると思います。

ニコニコ動画の場合は、マイリストに入れるのを優先したいので、特にお気に入りの動画のみをはてブに入れる予定。
あとは、どうしても一言付けたくなった動画とか。
(追記:やっぱどんどんはてブしよう。そして、お気に入りの動画から優先してコメント付けよう。そういう方針でいこうと思います。)

それ以外は、他のはてブユーザーのブクマで気になったものにちょろっとコメント付けたりとか。

まあ、あくまで「個人的メモ」として使うことになりそうです。
といいましても、付けるコメントにはしっかり責任を持ちたいです。

前回の記事についてお礼と蛇足

前回の記事は、しがない浪人生のグダグダ文章の割には反響が大きくて驚きました。

本当にありがとうございます。


前回の記事「P名とキャラクター」をブログで取り上げてくださったボカロ曲作者の記事を張っておきます。

それぞれの作者の、「P名に対する考え方・スタンス」が分かって面白いです。

他に取り上げてくださっているブログがありましたら、自分に知らせてくれると嬉しいです。




・のののさん(のののP)『モエ エ シャンドン』より→「P名 分類 00」

何人かのボカロPを、P名の由来でまとめております。

のののさんは、作品から作り手を切り離して観る・聴くタイプのようです。
また、この記事でコメントしているにょほさんは、その作品を発表したことによって起こった影響もひっくるめて「作品」である、という考えのようです。
どっちが正しいというのはなく、作品の味わい方は個人によるということでしょうね。

自分のコメントに対するのののさんの返信より一部抜粋。
『「作品は自分そのもの」って言うらしいので、どんなものであれ、その人が出ているんじゃないかなぁ。』

自分は「本来の自分のキャラを全面的に押し出している人・作品が好き」と書いたのですが、
なるほどのののさんの言う通りかもしれません。

自分の個性(本来のキャラ)を出すよりも、周りを楽しませることを重視した作品を作ったとしても、それは作者の選択なので、その作品はその人らしい作品と言えるのかもしれません。
(こういうことを「媚びる」と言う人もいますが、「より多くの人を楽しませよう」ということ自体は素晴らしいと自分は思いますよ。)




・tac_さん。『tac_の音庭』より→「P名とキャラクターを読んで。」

自分のコメントに対するtac_さんの返信より一部抜粋。
『私は折角なら、
「いつもと違う…」で否定するよりも、
「いつもと違う感じだけどいいですね!」って言って欲しいわけですよ。
たとえその人が好きなジャンルの曲では無くても、
個人の意見が多数の意見になるとは限らないですし。

でもそこで否定的なコメが付くと、その曲を気に入ってた人でも、
「いつもの方がいいのかも?」って思いかねないと思うんですよ。

集団心理って怖いです。』


ニコニコ動画においては、その動画についているコメントによって、曲に対する印象が変わってしまう恐れがあります。
特にマイナスの印象を与えてしまうがあるのは、とても残念なことです。
だからといって、コメントを非表示にするのは勿体無いと思います。
逆にコメントによってその作品をより楽しめるようになることもままあり、それがニコニコ動画の醍醐味でもあります。

自分もそういうコメントが付けられたら良いなぁ。




・mondaijiさん(問題児P)。『あふれるだえき』より→「『omegaさんとこの「P名とキャラクター」を呼んで』  3ねん 1くみ もんだいじ」

mondaijiさんは「リスナーとは対等の関係でありたい」というスタンスでしょうか。
(山本ニューさんも、同じようなことをおっしゃっていた覚えがあります。)

こういうスタンスの作者の方は多いと思います。

だからといって、自分たち聴き手は作者の方々への感謝を決して忘れてはいけませんけど。


ちなみに、過去の記事で「問題児P」決定の経緯が分かります。




・STさん(マカラファP)。『にゃんこらしょブログ』より→P名とキャラクターを読んで

このリンク先の記事に張ってある曲の歌詞が素晴らしい!
胸がスッとしました。

「自分自身で考えるべし。」
やっぱり、これに尽きますよね。

「自覚は大事」という話で、ソクラテスを思い出しました。
名言『汝自身を知れ』は、今の日本にこそ必要なのかもしれませんね。




・ジュジュさん(100sP)(nukegaradotnetさん)。『はらいそ』より→P名とキャラクターについて

100sPというP名を結構気に入っておられる様子。

『100秒って尺はDS-10の機能的な制約だった』とのこと。


『ミク曲の100秒は機能上の制約でリン曲の100秒はキャラ上の制約,今はどちらも楽しんでいるから特に問題ありません。が,いづれ長い尺の曲も作りたくなったりするのかな,その時は100sPキャラが枷になるから別名義を考えなきゃダメかな,といった事はP名を頂いた当初からずっと考えています。』

自分は別名義で投稿するとかえって混乱する気もしましたが、そういえば「鉄風P=就寝さん」といった例もありますね。
結局は、作者がP名をどう捉えているかによりますね。




これだけの反応があるということは、

「ファンによる神格化・理想化に辟易している・問題だと思っている作者の方は多数いる」と思っても良いのではないでしょうか。

ではそもそも、なぜファンの人たちは信奉対象を必要以上に持ち上げてしまうのか。

そのことについてちょっと思ったことを、蛇足かもしれませんが追記として付け足しときます。
(注意:めちゃくちゃ長いです。)






続きを読む

P名とキャラクター

まずお知らせ。リンクに何件か追加しました。
ボカロPのブログ三件と、ぷよぷよ関連二件。

あと、ミク20曲選の記事に、りゅうずさんのリン20曲選追加。





んで、ちょこっとP名について思ったことなんですが、
(今回はKagemさん(なっとくP)の考えを参考にさせてもらってます)


「ニコニコ動画での[聴き手側がボカロ動画の投稿者にP名を付ける]という習慣は、ボカロ動画投稿者に○○Pという新しい人格(キャラ)を作らせることを強いることがある」


結構ある気がします。


複数のHNを使って、一人で複数のキャラを使い分ける、なんてのは結構ありそうですが、

ボカロのP名というのは、「相手から付けられる」ものなんですよね。基本的には。

そしてその時、聴き手側が○○Pという「名前」だけでなく、○○Pという「キャラ」も押し付けている、そんなこともあるような気がします。
(有名な作者のファンの人たちほど、そういう傾向が強いかも。)


○○Pという理想の人格を勝手に作り上げて、作者の方を勝手に神格化して・・・。

作者の方が、周りが期待するキャラの通りに行動している内は良いのですが、「キャラ」から外れたことをすると困惑したり叩いたり、酷いときは炎上したりする。



ファンが対象を神格化云々という話は、ボカロのP名に限らずにありがちなことですが、P名を聴き手が付けるという行為がそういう「キャラの押し付け」を加速させる要因になっている可能性があると思うんですよね。



まあ、自分はP名を付けるということ自体は嫌いじゃないですし、寧ろ面白いとも思っているのです。

ただ、キャラの押し付けになってはいかんなぁと。

作者の方は、聴き手が勝手に求められているキャラを演じる必要は全く無いですし、逆に与えられたキャラに乗っかっちゃうのもありだと思います。
(ボカロの時はP名、それ以外は別の名前を使って活動している方も多いですよね。)

そして聴き手側は、作者の方々をいたずらに神格化しない。(これ大事!)

どれだけ凄い作品を作る方だとしても、自分たちと同じ人間なのですから。

決して神格化したりして「信者」になってはいけません。(これ超大事!!)




「キャラ」を演じる演じないの話は、ネットの世界に限らずリアルでもよくありますよね。

空気を読むことを強要される今の日本では、周りが想定しているであろうキャラを演じ続けることが一番無難で賢いのかもしれません。

また、自分はこういう奴なんだ、と周りから与えられたキャラが自分自身のキャラなんだと思い込んでる人もいると思います。

相手によってキャラを変えている多重人格状態な人もいると思います。

自分のキャラが分からなくなっている人もいると思います。

こういう話は結構前からあちこちで言われてますね。



キャラを演じる演じないは人それぞれです。

ただ自分は、勝手に周りが思い込んでるキャラを演じるのはまっぴらです。
自分のキャラは自分で決めます。
(そんなんだからリアルでは友達少ないのか)
プロフィール

omega

Author:omega
残念な浪人生。

プラス思考・楽天主義な人間。

怠け者。天パ。理屈好き。

知識人に憧れる少々ウザイ人。

現在の趣味→マイナー系VOCALOID作品中心に、ニコニコ動画を徘徊すること。

twitter
何か呟いてます。


つぶやきのログ→Twilog

はてなブックマーク
個人的メモとして。
VOCALOID動画中心にニコニコ動画関連を多くブクマ。
omega のブックマーク

にゃっぽん
知名度が低いと思われる作者の紹介をやってます。
omega のページ
アカウント持ってない方は コチラ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ移転に伴い削除。
自分の公開マイリスト
ニコニコ動画で公開しているユーザーページとマイリストの一部。
VOCALOID・UTAU関連中心に、その他オリジナル音楽やアニメ、音MAD等のオススメ動画。







よく聴くボカロ曲

知名度低めなオススメ曲
by kosumo
好きなボカロ絵

お気に入り絵
by kosumo
検索フォーム
カウンター
2009/4/4 設置
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。