スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題

・前期試験(本命)→2/25~2/26
・前期試験合格発表→3/10

・後期試験(前期落ちた時の保険)→3/12
・後期試験合格発表→3/20

前期試験終わってから合格発表までの間、めちゃくちゃ気になってソワソワしてるだろうけど、後期試験に向けての勉強をサボるわけにもいかないというね。
去年は、前期で落ちたら浪人する気だったから、後期受けなかったんですよね。

次の更新は、3/10か3/11にしたいです。
その日に更新できる⇔後期試験の勉強をしなくても良い⇔前期試験に受かった
ということですから。
スポンサーサイト

せーんきょーせんきょーあかるいせんきょー♪



youtube→  


弟にこの動画の存在を教えてもらいました。

今年の成人さんはこんなDVD貰えたのかー。

これは来年の成人式も楽しみですね。

来年の成人式に出席予定の自分は、大いに期待せざるを得ない。



バカにしている人も多いですけど、そこまで酷いものじゃないと思いますよ・・・多分。

つっこむとすれば、

毎回歌って踊る必要があるのか?
これっぽちの内容でどうして20分もかかるんだ?
ていうか半分くらいは歌と踊りじゃないか、そりゃ長くなるわ!


くらいですかね。
いや、歌と踊りは楽しいし、中毒性高いですけどね。一度聞くと忘れられない。
絵も、皆さんが言うほど子供向けとは思いませんし。ある意味万人向け。

ただ話の内容は、ちょっとナメ過ぎていると思う。
この程度の内容は、小中の義務教育の間に教えてもらって当たり前に知っておくべきこと。
二十歳の大人たちに教える必要があるならば、まず変えるべきは教育の方でしょうね。
義務教育で政治の仕組みをちゃんと教えているかといえば、到底そうは思えません。


さっき調べたのですが、20代の投票率ってこんなに下がってたんですね。
年代別投票率

グラフ - 【総選挙2009】年代別投票率 [ vizoo ]より)


まあ、投票自体は義務ではないですから「選挙行け」とは自分は言いませんけど。

グラフによると1990年頃を境にガクッっと投票率が落ち込んでますね。
ちょっと調べてみましたが、1980年代後半から汚職事件が立て続けに起こり、政治に対する不信感が高まったから、らしいです。
20年前の話ですから、40歳以上の人たちに聞いてみた方が早いですかね。後で両親に聞いてみます。

とにかく、政治の信頼回復は急務ですね。
政治とカネでいつまでもゴチャゴチャやってる場合じゃないでしょ。

あと、こういう年代別のグラフを読み取る時に忘れがちなのが、
「10年前の20代は今の30代。20年前の20代は今の40代。」ということ。
この点を考慮してグラフを見ますと、若い内は選挙に行かない人たちも、歳を取れば行くようになるようですね。

しかし、それにしたって1990年以降の若者たち(20,30代)の投票率の下がり方は、40歳代以上の人たちに比べるとかなり大きいですね。



若者の投票率が下がった理由として「政治の仕組みについての教育が足りないために興味を持てない」「政治家が若者に目を向けずに、中高年の人たちのための政策ばかり掲げるから」とかよく言われますけど、実際どうなんでしょう。

「政治の仕組みについての教育が足りないために興味を持てない」のが理由だとすると、最近(だいたい1970~1980年以降)から政治教育が疎かになっていることになります。
昔に比べて教育(つまりは教師)の質が下がったのでしょうか?ではその理由は?
勿論、政治教育はもっとしっかりすべきだとは思いますが、このことを最近の若者の投票率の低下に結びつけるのには少々無理があると思います。


「政治家が若者に目を向けずに、中高年の人たちのための政策ばかり掲げるから」は、一理あるとは思います。
少子高齢化社会が進み、中高年の人口の割合はどんどん高くなってますから、政治家としては、中高年の人たちからの支持を集めた方が当選しやすいことになります。
それに加えて若者の投票率が低いとなれば、政治家はますます若者には目を向けなくなります。

政治家が中高年のための政策を掲げる→若者は「自分たちは政治に関係無い・参加しても無駄」と思う→若者の投票率が下がる→ますます政治家は中高年の支持を集めようとする→(最初に戻る)

このようなループが出来上がってしまっている気がします。

だからといって「政治家が悪い」と言ってるのではなく「選挙に行かないくせに文句言う若者も悪いんじゃないの」ということです。
悪いというか、損するよって感じです。
「若者は、選挙に行かないせいで、四〇〇〇万円も損してる!?」という新書もありましたね。
受験が終わったら読もうかな。

少子高齢化が進行し、若者の意見が政治に反映されにくくなっている今だからこそ、「選挙権を引き下げて18歳からにする」という流れには大いに賛成です。



今の若者は、政治だけでなく社会の出来事全般に対して興味・関心が無くなっている気がします。という自分も若者ですが。
それが悪いとは言いませんが、今の日本で社会に関わらず生きていくのは非常に難しいですからね。
無関心でいるのにも限界があると思います。

本当は、若者が政治や社会に興味・関心が無くなった理由や、1990年頃に起きたバブルの崩壊の影響とかも含めて考察したかったんですが、受験勉強がどう考えても先決なので止めときます。




最後に、ニコニコで早速ネタにされている「go!go!選挙」関連の動画紹介・・・しようと思ったら多過ぎだろ(笑)→
タグで動画検索-go!go!選挙

多過ぎるので、たまたま見た動画を紹介。


多数決の話に外山を合わせるという。とっても素晴らしい組み合わせですね!
実際、DVDの話に少数派に対するフォローがほとんど無かったのは非常に良くないと思います。


ボカロとかUTAUの新曲はここ何ヶ月も聴いてなかったな。
受験終わるまで我慢我慢。

センター試験

今年受けてきました。
去年より難化した模様。

自己採点も終わりましたが、まあ最低限必要な点は取れたはず。



受けた感想をちょっと書いとこうと思います。

●一日目

①倫理

理系の人は「倫理」より「地理」や「政経」を選択する人が多いんですかね。
公民三科目(現社・倫理・政経)は、問題文がなかなか面白い。
個人的には、第一問の問3が面白かったです。

「倫理」第一問-問3

他者を見下すのは、確かに優越感には浸れるかもしれませんが、他者の「言葉」を素直に聞けなってしまうんですよね。
自分と全く違った価値観を持つ他者の「言葉」を聞き、自分が信じていた常識や価値観が覆された時の衝撃による幸福感は、優越感によって得られる幸福感に遥かに勝りますからね。
常に謙虚に生きたいものです。

あ、自己採点結果はまあまあでした。




②国語

評論文の問題を解くのが好きなのですが、「資本主義って本当にそんなに良いものなの?」と思っている自分にとっては今年の話は特に面白かったです。

ところで、自分は 評論→小説→漢文→古文 の順に解きます。
古文が大の苦手なので、どうせ時間をかけても解けない古文は最後に解くことにしています。
今回も案の定時間が足りなく、古文の問題文は途切れ途切れ大雑把にしか読まなかったのですが、思ったよりは出来てました。いや、出来てしまいました

何故「出来てしまった」かというと、こちらのブログの記事→nix in desertis-センター試験に潜む変態を読んで頂ければ分かります。

『ちゃんと古文が完璧読めるほど得意な人か、さもなければロリコンの心情が理解できる人じゃないと、解けない問題が多い。』
『トドメが問5で「二ノ宮モエスwwwwwwwでもwwwwwロリコンの俺wwwwwきめぇwwwww」という恋路お兄さんの自己嫌悪の心情を読み取れ、という設問であり、正直無茶である。というか、そりゃ普通の人なら恋路が惚れているのは藤壺の女御(二ノ宮の母親)のほうだと考えるだろう、常識的に考えて。』

問題文を読み込むことなく、ロリコンの心情をすんなり理解してしまいました。
トドメの問い5も、一切の疑問を抱かずに正解してしまいました。

まあ確かに、自分にはロリコンのケが無くも無いというか・・・

自己採点結果はこちらもまあまあ。




③英語

第5問が新傾向で少々焦りました。
英語が苦手と言っても、センターレベルの英文はそこそこ読めますから、読解問題は結構出来ました。
苦手な発音・アクセント問題が多く出たのが痛かったですが。

読解問題以外の失点が多く、目標以下の点数でした。




④リスニング

リスニングは本当に苦手でして、今年は簡単めで正直助かりました。
それでも、大した点数ではないのですが。

自己採点結果はそこそこ良かったです。





●二日目

①数学ⅠA

きっと今年も、「数学IA」を解かなければならないのに間違えて「数学I」を解いてしまう人がいたんだろうなぁ。




②ⅡB

今年は簡単だったのに、度重なる計算ミスで時間が足りなくなってしまったのが悔やまれます。ちくしょう。

個人的にはセンターの「数学」は好きじゃありません。
「こんなの数学じゃない」と、どうしても思ってしまいます。




③化学

理系科目の問題って、マーク形式にするとつまらなくなりますよね。

一番、点が取れなかった科目。う~・・・。




④物理

こっちも思ったより取れなかったです。
倫理とか国語の方が取れてました。





一日目の倫理・国語に比べて、二日目の感想のテンション下がり過ぎですね(笑)
ただ、センター試験の理系科目の問題はあまり面白くないので、これ以上書く事はないんです。


あと、よく言われることですが、日本の受験は「一発勝負」の性格が強すぎますよね。
アメリカのSAT(大学進学適性試験)みたく、センター試験も年に数回実施したらよいのにと思います。
マーク方式なんですから、採点は機械任せでそんなに大変じゃないはずですし。
二次の大学別試験の方も含め、受験制度の改革した方が良いんじゃないでしょうかね。
それと教育システムの改革も。



本当の勝負は一ヵ月後の二次試験。
しっかりせんとなぁ。

もうかなり遅いですが、あけおめです~。ことよろです~。

テレビの新春スペシャル・お正月スペシャルとかで「あけましておめでとうございます」と言われても、四日を過ぎる辺りからはもうピンとこないですよね。




今年は随分と雪が多いですね。
自分の住む苫小牧では、普段の五倍近くも降ってるとか。

雪国北海道といっても、太平洋側である苫小牧は雪がかなり少なく、雪かきを一度もしないで冬を越す時もよくあるのですが、今季は既に四回も雪かきしました。

それでも、豪雪地帯に降る雪の量に比べれば、全然少ないんですけどね。

ていうか、今季の雪重過ぎ。湿り過ぎ。シンドイっす。
ニュースではまた「異常気象」と騒いでるけど、毎年毎年「異常気象」で何が「正常気象」だかもう分からないよ。




そういえば、何だか今季の冬は何か物足りないと思っていたら、雪虫を見ていなかった。

雪虫とはこんなやつ

雪虫 - Google画像検索

雪虫 - Wikipedia


雪虫が発生した日に家に引きこもっていたので、見損ねてしまいました。(雪虫を見れるのは、ほとんどの場合年に一日だけ)
学校に行く途中に見た弟曰く「今年は雪虫少なかった」とのこと、確かに自分が小学生の頃(10年くらい前)に比べると、最近は雪虫の量が減っているような気がします。ちょいと寂しい。

雪虫とは・・・普段は鬱陶しくて嫌われているんだけど、いざ居なくなると何故だか寂しくなる、そういうクラスに一人はいそうな奴みたいな性質を持った虫です。

やっぱり、雪虫が舞いまくる外を歩いて、何度も口の中に入ってくるのを鬱陶しがったり、体中雪虫まみれになったり、ちゃんと掃わずに家の中に雪虫を連れ込んだりしないと、冬が来たって感じがしないんですよね。




北海道以外だと雪虫はいないのでしょうか?
まとめチャンネル - 北海道にはゴキブリがいない 代わりに綺麗な「雪虫」ってのがいる

内地の人は、ゴキブリがいなくなると寂しく・・・・・ならないか。

漫画とかでゴキブリネタは何度も見ますが、北海道民にはどうしてもピンとこない。
話を聞けば聞くほと、よくそんなのと一緒に生活できるなぁと思います。



内地の大学行くの止めようかn(ry
プロフィール

omega

Author:omega
残念な浪人生。

プラス思考・楽天主義な人間。

怠け者。天パ。理屈好き。

知識人に憧れる少々ウザイ人。

現在の趣味→マイナー系VOCALOID作品中心に、ニコニコ動画を徘徊すること。

twitter
何か呟いてます。


つぶやきのログ→Twilog

はてなブックマーク
個人的メモとして。
VOCALOID動画中心にニコニコ動画関連を多くブクマ。
omega のブックマーク

にゃっぽん
知名度が低いと思われる作者の紹介をやってます。
omega のページ
アカウント持ってない方は コチラ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブログ移転に伴い削除。
自分の公開マイリスト
ニコニコ動画で公開しているユーザーページとマイリストの一部。
VOCALOID・UTAU関連中心に、その他オリジナル音楽やアニメ、音MAD等のオススメ動画。







よく聴くボカロ曲

知名度低めなオススメ曲
by kosumo
好きなボカロ絵

お気に入り絵
by kosumo
検索フォーム
カウンター
2009/4/4 設置
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。